JDCコンクール概要

審査員長

法村 牧緒
法村 牧緒
法村友井バレエ団団長
Makio Homura
法村友井バレエ団団長、ソ連邦国立レニングラード・バレエ学校(現在、ワガノワ記念ロシア・バレエ・アカデミー)に日本人として初めて留学、ミハイル・バリシニコフ達と共に名教師、アレキサンドル・プーシキンに師事し、帰国後、日本を代表するダンスール・ノーブルとして「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「バヤデルカ」「ロメオとジュリエット」「シンデレラ」「ジゼル」「エスメラルダ」「コッペリア」など、多くの作品の主役を踊り、高く評価された。
2003年には法村友井バレエ団を率いてロシア公演を行い、その作品に対し各地で観客総立ちの拍手喝采を浴びた。

受賞歴
大阪文化祭賞 石井 漠賞 第10回バルナ国際バレエコンクールで日本人初のパートナー賞 芸術選奨文部大臣新人賞 大阪府民劇場賞 (財)松山バレエ団より芸術賞 (財)橘秋子記念財団より特別賞 東京新聞より舞踊芸術賞 ロシア連邦よりサンクト・ペテルブルグ建都300年記念勲章
現在 公益財団法人 新国立劇場理事 公益社団法人 日本バレエ協会理事

決選審査員

うらわ まこと
うらわ まこと
舞踊評論家
Makoto Urawa
日本初の古典全幕(1946年の『白鳥の湖』)の主役を踊った松尾明美に師事、後に相手役として1950年代に『ジゼル』『コッペリア』『白鳥の死』などの古典、近代バレエを踊る。
その後、舞踊評論家として文化庁の芸術祭・芸術選奨の委員、橘秋子賞、松山財団顕彰、服部智恵子賞、中川鋭之助賞の選考委員を務める。また、全国、こうべ、さいたま、NBA、まちだ、北九州他、多くのコンクールの審査委員を努めている。
一方、オン・ステージ新聞、東京新聞はじめ全国各地の新聞やダンスマガジン、バレリーナへの道など雑誌の他、ネットにも公演評や評論を寄稿。さらに公益社団法人全国公立文化施設協会の舞踊アドバイザーとしてセミナーの企画、指導、ビデオの制作を行っている。 著書には松蔭大学経営文化学部教授として、「現代経営学要論」「現代戦略経営要論」「企業の社会性と文化」などがある。
中島 伸欣
中島 伸欣
東京シティ・バレエ団理事
Nobuyoshi Nakajima
1974年東京シティ・バレエ団入団。古典作品から創作作品まで数多くの主演を務める。83年よりアメリカのタン・パ・バレエ団とゲスト・アーティスト契約を結び、「ロメオとジュリエット」「ジゼル」などに主演する。1990年より、振付家として本格的に活動を開始し、新国立劇場『J-バレエ』にて「Nothing is Distinct」を発表するほか「失われた家族」(1993年度ベスト・スリー賞)「シンデレラ」「月の柩」(名古屋市芸術賞)「フィジカル・ノイズ」「カルメン」「ロミオとジュリエット」等を発表。時代性を映し出すドラマチックな作品づくりと登場人物の鮮やかな描写に好評を得ている。現在東京シティ・バレエ団理事および監督。
小山 久美
小山 久美
スターダンサーズ・バレエ団代表
Kumi Oyama
慶應義塾大学文学部哲学科卒業。
1979年、スターダンサーズ・バレエ団入団。
1984年、North Carolina School of the Artsに留学。
その後、文化庁在外研修員としてアメリカにてメリッサ・ヘイドンに師事。翌年より、フロリダのタンパ・バレエ団に参加し、ソリスト等で活躍。
帰国後は、ピーター・ライト版「ジゼル」をはじめ、アントニー・チューダー、ジョージ・バランシン、ケネス・マクミラン等、当バレエ団公演の数多くの作品に主演している。
1992年、村松賞受賞。
2003年、スターダンサーズ・バレエ団代表、総監督に就任。
2008年、昭和音楽大学短期大学部教授。
2009年、昭和音楽大学舞台芸術センターバレエ研究所所長。
イルギス・ガリムーリン
イルギス・ガリムーリン
ロシア共和国 功労芸術家
Ilgiz Galimullin
モスクワ生まれ。1975年にボリショイ・バレエ学校に入学し、学ぶ。83年卒業と同時に国立モスクワ・クラシカルバレエに入団した。86年ヴァルナ国際バレエコンクールで第1位金賞を受賞。強靭で華麗なテクニックでスターダンサーとなる。たびたびの来日で日本での知名度、人気も高い。92年ロシア共和国功労芸術家の称号を受ける。レパートリーはチャイコフスキーの古典バレエの主役のほか、『海賊』のアリ、『ロメオとジュリエット』のティボルトなどテクニック面の見せ場が多いキャラクター、『カルメン』『アルルの女』『三銃士』といった現代作品まで幅広い。
三谷 恭三
三谷 恭三
牧阿佐美バレヱ団総監督
Kyozo Mitani
6歳からバレエを始め、1968年に谷桃子バレエ団に入団。1976年、ヴァルナ国際バレエコンクールに、牧阿佐美バレヱ団に所属していた清水洋子とともに出場し、最優秀カップル賞を受賞。同年、文化庁の芸術家在外研修員に選抜され、1年間モナコで研鑽を積む。
1979年、帰国後に牧阿佐美バレヱ団に入団。1994年、牧阿佐美バレヱ団の総監督に就任。ローラン・プティなどの現代バレエ作品をレパートリーに加えた。また、自らがプロデュースする「ダンス・ヴァンテアン」公演で若手ダンサーを登用するなど後進の育成に努めるかたわら、内外のバレエコンクールの審査員を歴任している。

審査員

伊藤 美智子
日本バレエ協会会員・静岡県バレエ協会会員・伊藤美智子バレエスタジオ主宰
Miciko Ito
1952年、服部島田バレエスタジオ入門。1956年、大滝愛子バレエスタジオに移籍。1986年、NY大滝愛子に同行研修。1991年、大滝愛子バレエスタジオNY公演。カネギーホールにて(くずの葉)ミストレスとして参加。1974年、静岡県富士市にスタジオ開設。この間32回の発表会を開催し数多くのダンサー(新国立劇場、牧阿佐美バレエ団、スターダンサーズバレエ団、東京バレエ団、Kカンパニー、NBAバレエ団、LESGRANS Ballet Lithuanian,Nationa Ballet)を排出。
〈受賞歴〉
1994年、埼玉全国バレエコンクール指導者賞受賞。2006年、静岡県バレエ協会功労賞受賞。2010年、静岡県国民文化祭バレエ部門委員長。2014年、日本バレエ協会舞踊文化功労賞。
大倉 現生
大倉 現生
三留バレエ主宰
Gensei Okura
故.江川明氏に師事。井上博文によるバレエ劇場第30回記念公演でデビュー。第一回全日本バレエコンクール(シニアの部)第一位受賞。音楽新聞「新人ベスト10」、週刊オン・ステージ新聞「新人ベストワン」に選ばれる。日本バレエ協会、夏の定期公演で優秀賞受賞。カナダ「ロイヤル・ウィニベグ・バレエ団」30周年記念公演にゲスト出演。ジャクソン国際バレエコンクールにパートナーとして出場(銅賞受賞)。第一回からオールジャパンバレエユニオンコンクール審査員、第59回から全国舞踊コンクール審査員を行う。
これまでに、「ジゼル」「コッペリア」「ドン・キホーテ」「くるみ割り人形」「白鳥の湖」等の主役を踊る。また、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、スコットランド、ユーゴスラビア、香港、台湾、中国等、海外公演にも多数出演している。2008年、2009年優秀指導者賞受賞。現在、三留バレエ主催。
小嶋 直也
牧阿佐美バレヱ団バレエ・マスター
Naoya Kojima
長野県出身。母・小嶋恵美子のもとでバレエを始める。橘バレヱ学校と同時に1986年に牧阿佐美バレヱ団に入団。88年、全国舞踊コンクールジュニア部第1位、ヴァルナ国際バレエコンクールジュニア部門で日本人男性初の第1位金賞受賞。1990年牧阿佐美バレヱ団「くるみ割り人形」で主役デビューを果たし以後数々の作品に主演。ローラン・プティ振付「ノートルダム・ド・パリ」でフロロ役を好演。1994年、初の日本人男性としてアメリカン・バレエ・シアターと1年出演契約を結んだ。1997年からは、新国立劇場バレエ団ソリストとして活躍し、開場記念公演『眠れる森の美女』、『梵鐘の聲』などに出演した。現在は、AMスチューデンツ、橘バレエ学校、日本ジュニアバレエ、新国立劇場研究所の講師を任める。
受賞歴、1988年第45回全国舞踊コンクール・ジュニア部第1位、1988年第13回ヴァルナ国際バレエコンクール(ジュニア部門)金メダル、1996年松山バレエ団芸術奨励賞、1998年中川鋭之助賞、1999年橘秋子賞優秀賞、2001年服部智恵子賞。
志賀 三佐枝
牧阿佐美バレヱ団バレエ・ミストレス
Misae Shiga
1989年、橘バレヱ学校を卒業と同時に牧阿佐美バレヱ団に入団。88年の埼玉県全国舞踊コンクール第1部で第1位橘秋子賞を受賞。94年、「ドン・キホーテ」の主役に抜擢されダイナミックで完成度の高い舞台を披露。以来、確実なテクニックと豊かな音楽性で「くるみ割り人形」「ドン・キホーテ」「ロメオとジュリエット」「リーズの結婚~ラ・フィーユ・マル・ガルデ~」「椿姫」「ノートルダム・ド・パリ」の主役を踊る他、新国立劇場のソリストとしても活躍する若手実力派。97年にはサンフランシスコ・バレエのガラ公演にゲスト出演し、“流れるようなポール・ド・ブラ、厳然としたバランス、すばらしい音楽的感受性に支えられた表現力”と現地紙が絶賛した。97年に松村賞、98年に松山バレエ団芸術奨励賞を受賞。2000年に中川鋭之助賞受賞、2002年に第18回服部智恵子賞を受賞。2003年に第29回橘秋子賞優秀賞。牧阿佐美バレヱ塾講師。新国立劇場研修所講師。
清水 洋子
清水洋子バレエスクール主宰
Yoko Shimizu
橘バレエ学校卒業。橘秋子、牧阿佐美、国領朝子、イゴール・シュベッツオフ、マリオン・レインに師事。牧阿佐美バレエ団公演の数多くの主役を務める。
主な主演作品は「白鳥の湖」、「くるみ割り人形」、「眠れる森の美女」、「コッペリア」、「ライモンダ」、「ラ・シルフィード」、「ジゼル」パリオペラ座にて、イベット・ショビレーの指導を受ける。1972年NHK「世界の音楽」にレギュラー出演、NHK「バレエの夕べ」「芸術劇場」に多数出演する。1973年音楽新聞新人賞受賞、1974年舞踊批評家協会賞受賞、1976年ヴァルナコンクールベストカップル賞受賞、1977年芸術選奨文部大臣新人賞受賞、
1983年よりヨーロッパで活躍、ドイツ・ボン市立劇場で「ジゼル」を踊る。1984年にノーザンバレエ団でイギリスロイヤルファミリーご臨席をいただき「くるみ割り人形」金平糖の精、「眠れる森の美女」オーロラを踊る。1985年に南アフリカ国立劇場、ニネット・ダヴァロヴァ推薦でオーロラを踊る。1986年にロンドン コヴェントガーデン劇場主催ガラコンサートでオーロラを踊る。1997年に帰国、徳島にて指導を始める。 徳島新聞カルチャー講師、神戸新聞バレエコンクール審査員、青少年のためのバレエコンクール ザ・バレコン審査員、第1回ジャパンダンスコンペティション審査員を務める。
成澤 淑榮
国立モスクワ・クラシカルバレエ団
Narisawa Yoshie
71年 橘バレエ学校入学。75年より毎年モスクワに短期留学。79年10月AM スチューデンツ第1期生となる。80年 モナコ短期留学。84年4月 橘バレエ学校卒業。84年 牧阿佐美バレエ団入団。85年 東京新聞第42回コンクールにて第3位。89年1月 国立モスクワ・クラシカルバレエ団にソリストそして入団 (ロシアでは初めて日本人が正式にバレエ団に入団した)。レパートリーは「ドン・キホーテ」のキトリ、「ジゼル」のジゼル、「眠れる森の美女」フロリナ王女など。 その他「海賊」「パリの炎」ほかコンサートナンバーも多数。 ロシアと日本を往復しながら積極的に舞台をこなしている。09年6月 国立モスクワ舞踊学校(ボリショイバレエ学校)大学教師科卒業。
前田 藤絵
谷桃子バレエ団所属
Fujie Maeda
前田房江が主宰する前田バレエ教室にて、3才よりバレエを始める。
1968年 東京シティバレエ団入団、1977年谷桃子バレエ団に移籍し、「くるみ割り人形」の金平糖、「白鳥の湖」の黒鳥など主要な役を踊る。
1978年 姉の前田香絵と共に前田バレエ団設立し、以後、静岡フィルハーモニー管弦楽団と共にチャイコフスキー三大バレエを公演など。同オーケストラとは10数回にわたる共演で好評を得る。
1998年 静岡市芸術文化奨励賞
2006年 静岡県バレエ協会功労賞 
2009年 埼玉県舞踊協会指導者賞 
現在 静岡市文化協会理事 静岡市バレエ連盟副会長 
前田バレエ学苑(東京スタジオ、静岡スタジオ) 主宰 
静岡新聞静岡放送SBS学苑 静岡校、浜松校主任講師
静岡市セノバMクラシックバレエアカデミィ主任講師
世田谷クラシックバレエ連盟所属  
(公社)日本バレエ協会会員  谷桃子バレエ団教師
森田 健太郎
森田 健太郎
牧阿佐美バレヱ団バレエ・マスター
Kentaro Morita
高知県出身。立脇千賀子バレエ研究所出身。スコティッシュバレエ団にソリストとして入団(’96)。牧阿佐美バレヱ団 「白鳥の湖」ジークフリード王子、「眠れる森の美女」フロリモンド王子、カラボス、「くるみ割り人形」王子、「ドン・キホーテ」バジル、「ジゼル」アルブレヒト、「ライモンダ」ジャン・ド・ブリエンヌ、「ロメオとジュリエット」ロメオ、R.プティ「ノートルダム・ド・パリ」カジモド、F.アシュトン「リーズの結婚 ~ラ・フィーユ・マル・ガルデ」コーラス、「三銃士」ダルタニヤンなど主演、G.バランシン「セレナーデ」など多数の作品でソリストとして出演。スコティッシュバレエ団クランコ振付「ロメオとジュリエット」の ロミオ、マキューシオ、F.アシュトン「リーズの結婚 ~ラ・フィーユ・マル・ガルテ~」コーラス。新国立劇場バレエ団、牧阿佐美振付「ラ・バヤデール」ソロル。 ブルノンヴィル振付「ラ・シルフィード」ジェイムス、R.プティ「こうもり」など多数主演。おもな経歴、全国舞踊コンクールジュニアの部第1位(’90)全日本バレエコンクール シニアの部第1位、東京新聞主催全国舞踊コンクール第2部審査員、牧阿佐美バレヱ塾主任講師。文化庁芸術家在外研修員として、スコティッシュバレエ団へ留学(’95)、村松賞大賞(’99)、 第27回橘秋子賞優秀賞(’01)、第26回服部智恵子賞(’10)。
ゆうき みほ
牧阿佐美バレヱ団バレエ・ミストレス
YUKI Miho
東京都出身。橘バレヱ学校卒業後、牧阿佐美バレヱ団入団。
橘秋子、牧阿佐美に師事。
16歳の時、「白鳥の湖」で主演デビュー。
以後、牧阿佐美バレヱ団で古典、創作作品に出演。
1968年 ニューヨークに留学
1971年 TBSドラマ「赤い靴」に1年間出演
1978年 ベルギー王立バレエ団と契約
1985年 橘秋子賞 優秀賞受賞
1988年 服部智恵子賞受賞
2002年より東京新聞主催全国舞踊コンクール審査員
2005年より名古屋バレエコンペティション21審査員
現在、牧阿佐美バレヱ団バレエミストレス
橘バレヱ学校教師